デジタルコンテンツマガジン

2020年01月号 vol.4

社内、社外向けに広報を電子配布する

2020年01月16日 17:24 by presspad_jp
現在、社会のインフラとして定着したインターネットは伝達の手段を大きく変えました。1人1台以上の通信端末を所持している現在、50%を超える情報がネットを介しやり取りをされています。この様な現在では規模の大小に関わらずネットを有効利用できなければその存在すら忘れ去られていきます。 しかしネットで情報発信を行なう事は思った程簡単には出来ません。 IT技術を理解し、システムを開発、運用するには時間もコストも掛り、実現にはいくつものハードルがあります。そのため取次店を使わざるを得ません。 PressPadは情報発信をしたいと思う時にすぐに使えるサービスを提供します。 1)広報誌、機関誌などの無料の雑誌を配信してくれる販売事業者がいない - PressPadは無料誌をApple, Googleの公式サイトからの配信を支援します。 - 自社サイト内に配信ストアーサイトを組込み、書籍の配布・販売が出来ます。 - 配信対象を一般でも会員限定でも制限ができます。 2)サイト事業者は取次手数料が高いだけで販売支援は行いません - 販売元が宣伝、告知などを行い、読者を誘導しなければなりません。 - 購読者の情報は知る事ができず、読者との繋がりを得る事はできません。

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.6

書籍、物販を含めネットでの販売が大きく伸びる中、取扱い手数料を徴取するネッ...

2020年01月号 vol.5

インターネットメディアの重要性 現在、社会のインフラとして定着したインター...

2019年12月号 vol.3

情報を配信する仕組みは膨大な開発費と維持管理に高額な運営費用が必要です。し...