デジタルコンテンツマガジン

2019年12月号 vol.3

コンテンツ配信プラットフォームとは

2020年01月01日 13:15 by presspad_jp
コンテンツ配信の手段は千差万別であるが、どの手段を使ってもコンテンツその物の価値とは比較にならない。 言い換えれば、配信手段には全く価値がないという事とも言える。 読者は購読をする際それを運ぶ手段を気にするであろうか?たぶん何処のシステムでどの位費用が掛かっているのか考えもしないし、知りたくもないであろう。ただ、思った時に欲しいコンテンツが手にする事が出来ればいいだけである。 そのため手続きが容易ですぐにアクセスできる事が必須条件となる。コンテンツ提供側としては簡単に配信できる事が必要である。プレスパッド社は、「Simple But Good Enough」のコンセプトで簡単に且つ低価格でコンテンツ供給者が使用できる e-Storeを提供している。 これほど簡単に安く、そして短期に仕える電子コンテンツ配信システムはいままで存在しなかった。

関連記事

ネット販売は手数料なしの販売モデルへ

2020年02月号 vol.6

e-Distributeは規制のない自社配信です

2020年01月号 vol.5

社内、社外向けに広報を電子配布する

2020年01月号 vol.4

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2020年02月号 vol.6

書籍、物販を含めネットでの販売が大きく伸びる中、取扱い手数料を徴取するネッ...

2020年01月号 vol.5

インターネットメディアの重要性 現在、社会のインフラとして定着したインター...

2020年01月号 vol.4

社内広報は人事、総務などの間接部門の役割として広報誌の発刊、経営陣からのビ...